損保

第一生命の選考内容と対策!【自分らしさ】は何かを今一度考えろ

更新日:

第一生命は国内大手生命保険会社4社のうちの1社であり、その中でも唯一株式会社化をしている生命保険会社であることに特徴があります。

 

生命保険会社の多くが相互会社という生命保険会社独自の形態です。

 

その中でも第一生命のように株式会社であることの利点は、株式市場により資金調達が容易になることや、M&Aや企業再編などの経営戦略が柔軟になることがあります。

加えて経営状態を公開することにより、経営の透明性を図ることが出来る利点があります。

 

また、みずほフィナンシャル・グループと親密な関係にあることにも特徴があります。

2015年にはみずほと第一生命が、資産運用会社を統合する動きがありました。

 

年金運用につよいみずほ信託の運用部門やDIAMアセットマネジメント株式会社を統合させることは、長期の運用ノウハウを個人向け投資信託商品開発などに繋がり、資産運用力の更なる向上が予想されます。

 

今回は第一生命の選考情報とそのポイントについて、ご紹介します。

第一生命の求める人材像

 

第一生命の事業内容とホームページ等の情報から、主に第一生命の求める人物像は

  1. 個人として努力し、成果をあげることが出来る人材
  2. 価値観や立場の異なる人と協力しながら成果をあげることのできる人材

に帰着すると考えられます。

 

近年、保険業界ではIT化が加速し、InsTechと呼ばれる保険とITを組み合わせた取り組みが進んでいます。

 

保険の知識を自発的に習得することに加え、状況変化に柔軟に対応する力が求められます。これらは営業の成果にも直結することであるため、個の力も重要視されているでしょう。

 

また、業務部のように一個人や一部門で完結する仕事ではなく、あらゆる部門を巻き込みながら職務を遂行する必要のある部門もあります。

 

そのため、チームワーク力を求められる局面では、価値観や立場の異なる人と協働する力が求められています。

 

ESや面接の際には、これらのポイントを意識しながらエピソードを抽出すると良いでしょう。

選考情報

ES

これまでの取組みの中で、自分らしさを表したと思える取組みについて2つ挙げ、それぞれの概要を記載してください。(50文字以内)

上記2つの取組みの中で、最も自分らしさを表したと思える取組みを1つ選び、具体的な行動について記載してください。 (300文字以内)

自分らしさを表すキャッチフレーズを記載してください。 (20文字以内)

上記のキャッチフレーズである理由を記載してください。 (50文字以内)

生命保険業界を選んだ理由と、その中で当社を選んだ理由を記載してください。(300文字以内)

 

上記のESの質問から、第一生命のESでは「自分らしさ」が重視されていることが分かります。

 

「自分らしさを表す取り組み」に関しては、学生時代頑張ったことを時系列に沿って概要だけを述べるだけでなく、「なぜその取り組みをしたか」「周囲の人間とどのように関係性を構築したか」など、オリジナリティが随所に見られるように主観的な要素を盛り込むようにしましょう。

 

また、「自分らしさを表すキャッチフレーズ」に関しては、自己PRと同義です。

面接では、それを裏付けるエピソードも問われる傾向があるため、ESには記載していない

エピソードを話せるように用意しましょう。

 

また、志望動機に関しては過去の自身の経験を交えながら業界志望理由を述べること、説明会やOB訪問で得た生の情報を盛り込んで第一生命の志望動機を伝えるようにすると効果的です。

 

日本生命の筆記試験はSPIで「テストセンター型」です。

 

1次面接

 

面接形態:企業1名 対 学生3名

所要時間:30分

内容:ESの設問の「自分のキャッチコピーについて」

対策:集団面接で30分という短い面接のため、アピール時間として少ないです。ポイントは話を簡潔にまとめて話すこと、ある程度回答を用意してテンポよく明るく話すことです。

 

2次面接

 

面接形態:企業1名 対 学生1名

所要時間:40分

内容:自己紹介、志望動機、やりたい仕事、ゼミについて、周囲からどのような人と思われているのか、アルバイトでの失敗談、短所を克服するためにすべきこと

対策:2次面接は個人面接であり、自分を最大限にアピールできるチャンスです。自己分析をしっかりと行い、自己分析・他己分析に対応できるように準備をしていきましょう。

 

 3次面接

 

面接形態:企業1名 対 学生1名

所要時間:40分

内容:強みと弱み、やりたい仕事、強みを発揮したエピソード、人と違う発揮から成功したエピソード、人と違う発想から成功したエピソード、伝えたおきたいこと

対策:3次面接でも2次面接と同様に、自己分析・他己分析の準備が評価に繋がります。変化球の質問にも対応できるように、自身の経験をできるだけ多く用意し、様々な切り口から自分をアピールすることを心がけましょう。

 

 最終面接

 

面接形態:企業1名 対 学生1名

所要時間:30分

内容:意思確認

対策:最終面接では意思確認が行われます。面接官は、内定を出したら本当に入社するのかどうかを見極めています。改めて熱意を伝え、入社する意思をしっかりと表示しましょう。

 

選考のアドバイス

 

第一生命の面接は2次面接、3次面接が山場です。個人面接のため、他の学生を気にせず自分自身を企業に最大限にアピールするチャンスが与えられています。

 

面接の評価を分けるのは「自己分析・他己分析」です。面接前には再度自己分析を見直し、幼少期から今までの過去の経験・その経験から得たものを整理しておきましょう。

 

また、主観的な分析だけでなく他己分析も求められています。自己評価と他者からの評価は必ず一致するとは限りません。今一度、親友や両親に話を聞いてみるなどして他己分析にも備えましょう。

 

注目第一志望企業に内定したESを見ておこう→Unistyle34,5463人が参考にしました。

注目大手企業からスカウトが届いて内定確率UP→キミスカ21,465人が参考にしました。

注目SPI対策はアプリで。正解率が出るのは→【Start就活】54,953人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-損保

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.