就活準備

就活準備を始める大学3年に!やることや不安解消のポイントを書いてみた

更新日:

大学3年生、つまり19卒のみなさん、こんにちは。僕は17卒で現在総合商社で悪戦苦闘をしているものです。とはいえ、僕は大したことない大学生だったんですが、皆さんと同じ大学3年生の夏頃から就活を始めて内定をゲットすることができました。このブログ自体、就活の裏技やコツをたくさん書いているんですが、やっぱり大学3年生から就活準備をしていると志望企業の内定を勝ち取れる可能性が格段に高まります

この記事では就活準備をしよう!と決意してくれた大学三年生にやることや不安の解消方法、授業の取り方を伝授できればと思いますのでぜひ参考にしてくださいね。

大学3年で就活準備をする意義とは?

就活時期になると大学にも背広を着た先輩たちが険しい顔でやってきます。それを見ながら一年、二年のうちは他人事のように感じるものですが、三年生になると妙にリアルに先輩の顔が映るものです。

三年になってから就活の準備を始めるというのは結構大変です。というのも、

  1. 授業が忙しい
  2. サークルや課外活動が忙しい
  3. みんなやってない
  4. 情報が少ない

この4つの理由があるからですね。基本的に大学三年生は大学の中でリーダー的になる場面も多いですし、課外活動も佳境を迎えるなんて人も多いはずです。授業だってゼミも加わってきついし、など考えるとまず時間的に就活を並行してやるのはきついわけです。また、みんなよりも一足先に就活をするのはなんだか「負け組」のような気分になります。

いや、実際そうなんですよ。まだみんなが呑気にしている中、会社のホームページと睨めっこして、スーツ姿でいる自分ってのは惨めな気持ちになりがちです。どちらにせよみんな就活をすることになるんですが、早めにスタートするのは勇気がいります。

三年から就活準備をするのは大変ですが、後ほど記述するようにメリットはめちゃくちゃでかいです。上手く時間を見つけて少しでも早くスタートすればその貯金で就活本番を迎えられます。就活時期はいくら時間があっても足りないので、三年の時期にスタートできた人はかなり有利です。

就活準備のスタート時期はいつ頃?

そもそも三年生はいつ頃から就活準備をすれば良いのかって話ですが、ほとんどの人が三年の五月頃に就活の準備をします。この時期は新学期に慣れてGWに突入するので自然と就活のことを考えてしまいます。街中の広告にも就活系が溢れ、電車やオフィス街に繰り出せば、真新しいリクルートスーツを着た先輩が必死な顔して歩いてます。

5月から説

5月ぐらいに就活について意識がいくんですが、企業側もこのタイミングでサマーインターンの募集要項をかけます。サマーインターンに参加するかどうかは、この記事をご覧ください。参考19卒は本当にサマーインターンをするべき? 時期や募集、オススメについてまとめてみた!

7月ぐらいにサマーインターンの準備を開始しても募集締め切っている可能性大なので参加したい人は早めに準備を開始した方が良いです。良い企業ほど早めに募集かけてあっという間に締め切っちゃいます。

サマーインターンでESやSPIをやることになるので、みんなより半年以上も前に練習ができる効果は計り知れないです。みんな翌年の3月くらいからESの書き方を必死になってネットで収集するので。SPI直前になって慌てて対策するので、高学歴の連中も足切り点に届かずにどんどん落ちていきます。SPIについては下の記事をどうぞ。

参考19卒必見!衝撃のSPI(テストセンター)の高得点目安を割り出してみた!!

サマーインターンをやるのであれば5月からスタートになります。特に外資系をはじめ大手の有名企業を狙うのであればサマーインターンが選考の場になっているので参加しない手はないです。サマーインターンの募集要項を見ながら興味のある業界や会社を見ていく感じですね。

9月から説

サマーインターンに参加しないのであれば夏休みが終わった9月からでも良いです。

9月頃からウィンターインターン(冬インターン)が始まるので、またそこの募集要項に合わせて動き出していくという感じになります。また、9月になると先輩たちが就活を終えているので最新の就活事情や生の声を聴きやすいです。積極的にコンタクトをとっておくとOB訪問できたり、ES添削してもらえたりします。

秋になると就活向けセミナーが大学でも開かれるので、よほど就活に興味のない学生を除けば就活を大なり小なり始めることになると思います。本当にスタートダッシュを決めたいなら5月からかなと個人的には思います。僕も三年の5月頃から本格的に動き出して、ESとSPIを極める作業に入りました。

三年でESとSPIが文句なしにできるようになると、書類(つまり一次選考)で落ちる確率がグッと小さくなるので、面接に行きやすいんですよね。つもり面接対策に集中できるようになります。普通の就活生は SPI、ES、面接、なんなら企業研究を同時並行でやるのでパンパンになっちゃいます。

忙しい人もそうでもない人も就活サイトには早めに登録しておくべきです。それだけでたまにメールがきたりするするので就活と向き合う時間ができます。就活に少しでも意識していく努力は大事です。

\ライバルに内緒で始めよう!/

 

ESとSPIは早めに

早めに動き出してやれるところは早いうちにノウハウを掴んでおくと良いですよ。そうすれば家にこもっているだけでも立派な就活になります。企業研究は業界と志望企業によってもぶれると思うので、後回しでも良いですが、ESとSPIの練習はある程度時間がかかるので早めにやったほうが吉です。

とはいえ、そんながっつりもできないので目を通すだけでも勉強になるようなものを載せておきます。(僕も面倒だったので使ったサイトをそれぞれ載せておきますね)

ESの書き方は大手内定者のエントリーシートを公開しているところがあるので、それをゲットしてください。ESは内定者の内容を自分に当てはめてカスタマイズする方法がおすすめです。

参考大手内定者のエントリーシートを見てみる

SPIに関しては参考書を書くの良いですが、毎年SPIの傾向は変わってしまいます。アップグレードされたやつはもう少し後にならないと三年生にとって意味のないものになります。なのでウェブサイトで最新のSPIの模試を手に入れて目を通して置くと良いです。一回模試をやってみて、苦手な所を見つけて改め参考書を買ってやるのがベストです。

参考SPI模試と対策資料を見てみる

 

三年生の就活準備のやり方

散々言ってますが、就活準備のやり方がまだでした。やり方は人それぞれなんですが、僕のやり方を載っけておきます。これは正攻法じゃないかなと思ってます。

  1. 行きたい企業と業界を調べる
  2. その企業、業界でインターンをやっていれば参加する
  3. 先輩に相談をする。早めにOBを見つけておく。
  4. キャリアセンターのおっちゃんと仲良くなっておく

これで十分すぎるほどです。順を追って説明します。

行きたい企業と業界を調べる

行きたい企業と業界を調べよう!と簡単に言いますけど、まあ簡単に見つからないし調べられません。なので、三年の時期は「自分は何が一番大切か?」を三つぐらいあげておきましょう。

年収、ワークライフバランス、ステータス、海外で働けるか、転勤してたくないか、好きな事がやりたいか、などなど

自分の価値観ですね。これは何が正しいとか間違っているなんてことはないです。給料をたくさんもらいたいから、という志望企業の選び方はあっていいわけです、というかむしろみんなそんなこと心の底で思っているはず。でも激務やいやだ、とか残業したくないとか、そういう兼ね合いの中で会社を選んでいくことになります。

自分が最も大事にする価値観を最初に決めておくと会社選びに一貫性が出るのでオススメです。三年の時期は自分に正直になって社会人として何を求めていくかを考えるようにしましょう。その希望とマッチする会社が見つかれば尚のこと良しです。

ちなみに 中小企業や隠れた優良企業を見つけることにも時間を使いましょう。

大手ばかりが目に行きますが、良い企業はあります。でも基本的に就活が始まってしまうと良い中小企業を発掘する時間がなくなってしまうのでとりあえずの気持ちで大手を受験してしまいます。大手企業は倍率も高いので全落ちする可能性も高いです。三年生のうちは時間もあるので自分の希望する条件を満たす中小企業の発掘も意識て行動しましょう。

インターンに参加

これはサマーインターンのところでも書いたので割愛します。夏休み、冬休み、春休みがメインですが、中には土日でやっている所もあるので要チェックです。マイナビやリクナビなどをよく見ながらスケジュールがあえば積極的に参加しましょう。

19卒は本当にサマーインターンをするべき? 時期や募集、オススメについてまとめてみた!

先輩やOBとコンタクト

三年生のメリットは就活し終えた四年生が会社ではなく大学にいるということです。四年生が社会に出れば新卒一年目。会社のことで精一杯な時期なので、とてもじゃないですが、後輩のOB訪問のために時間を取るような余裕はありません。もちろん中には優しい人もいますが、相談するのは気が引けます。

就活し終えた四年生は新鮮な情報を持っています。彼らに就活相談をしない手はありません。たいていの場合、授業もなくてバイトも辞めている人が多いので気軽に相談できます。その先輩のツテをたどって、自分が行きたい企業に内定した人とコンタクトを取ることも可能なわけです。三年生のうちにコネクション作りをするだけで、いざ本番が始まった時もスムーズにOB訪問ができるわけです。

また、OBを見つけることも早いうちのは良いです。OB訪問される人は大量の学生のOB訪問を受けるのであまり面倒を見てもらえません。特に就活時期になれば重なるので尚更のこと。別にOB訪問を就活時期にやらないといけないという決まりはないので、三年のうちからやってしまえば良いじゃんと思っています。現にそういう友達は裏で結構いました。

OBは大学のキャリアセンターで見つける方法もありますが、今ではネットで見つけることもできますので登録してみるのも良いかもしれません。

同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク「ビズリーチ・キャンパス」

キャリアセンターのおっちゃんと仲良くなっておく

色々と通う羽目になるのはキャリアセンターです。そこにいる相談役みたいなおっちゃんとは早いうちからコミュニケーションをとっておくと良いでしょう。大学職員は結構ぶっきらぼうだったりするので、媚びておくのは大切なことです。特に就活が本番になるとキャリアセンターのおっちゃん達も忙しくて目が回っているので割と空いている時期を見計らって行くと時間をしっかりと取って相談してくれます。

 

就活準備の前に授業と単位はどうする?

少し趣向を変えて単位と授業の話を。これって滅茶苦茶大事ですよね。就活を経験してない三年生からすると、実際就活でどれぐらいの時間を費やすのか、そしてどれぐらい大学に行けなくなるかなんて想像できないと思います。

ポイントをまとめると、

  1. 三年前期までに取れるだけ取っておこう
  2. オフ日(1日授業がない日)をたくさん作ろう

これですね。以前に比べると就活時期も遅くなったので、三年前期までに単位ほとんど取っておけ!みたいなことにはなってません。とはいえ、後期の三年後期になるとかなり重要なインターンや説明会が増えることになるので、あまり単位や授業をその段階で抱え込んでいる状況は好ましくないです。

とはいえ、僕の場合は三年後期に授業を結構入れてましたがどうにか時間を調整することで就活の準備はできました。授業を休んだこともないのでやり方次第といったところです。ただ重要なのはオフ日(1日授業がない日)を作っておくことです。就活関連のイベントは1日時間を使ってしまったり疲れることが大半なので、1日フルで使える日があればあるほど楽です。

できる限り授業を同じ日になるように設定して、空白の日を作っておくようにしてください。就活関連は全部その日に回せるようにスケジュールを立てるとかなり楽です。

就活が不安な三年生へ

長々と大学三年生に就活準備のノウハウを書いていきました。いかがだったでしょうか。この記事を読んでやる気が出た人も入れば逆に不安になった方もいるかもしれません。僕も三年生の時は不安でした。本当に企業から内定をもらえるのだろうか、とそんなことばかり思っていました。

不安の解消の仕方なんですが、

  1. とにかく就活を始めてみると楽になる
  2. 仲間を作る

この2つで大分解消されます。就活が怖い!と言っている人の多くが就活を始めていません。やったことない事は誰だって不安なんです。でも実際就活シーズンが始まるともみんな「不安だ!」なんて言ってません。必死になるので。だから、就活が不安だなと思っている三年生は何でも良いので動き出してみてください。

動き出してみると就活の仲間ができます。それは学内や学外、先輩など様々です。そういう仲間を作っていってよく話をするようにしましょう。一人にならないことが就活では大事です。ぜひ、三年生のうちから積極的に動き出して不安を解消してくださいね!

下に自分が使った就活サイトを並べているのでよかったら参考にしてみてください。では健闘を祈ります!

\ライバルに内緒で始めよう!/

就活は情報戦です。
その情報はネットに転がっているので、できる限り早く使える就活情報サイトを見つけてください。
僕は、Unistyleで行きたい企業の情報をめちゃめちゃ入手できました。 今のうちに熟読して、早めに他の就活生と差をつけてください。
就活は先手必勝です。
選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

就活生によく読まれている記事

1

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

-就活準備

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.