コンサル

野村総合研究所(NRI)の選考内容と対策!挑戦と探究心を徹底的に語れ

投稿日:

野村総合研究所は日本最大手のシンクタンク、コンサルティングファーム、システムインテグレーターです。もともとは民間で大手のシンクタンクでしたが、野村コンピュータシステムとの合併により現在の形になりました。

様々な分野に事業を展開しているのが強みで、金融や流通、公共の分野にも事業を展開しています。また国内だけではなく海外にも進出を果たすグローバルな企業です。

アジアを中心に全世界に11を超える年に事業を展開しています。

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

野村総合研究所の求める人材像

 

野村総合研究所はHPでメッセージを公開しています。それらを要約すると求められている能力は大きく3つに分けられます。「何事にも挑戦し続ける強い意志」「目まぐるしく変化する社会に興味を持ち、深く探求する好奇心」「少々の適性」です。

 

野村総合研究所は様々な分野に事業を展開している企業で今後もさらなる分野への発展が考えられます。事業進出だけではなく、現在の分野での成長ももちろん考えなければなりません。すでに高く成長している企業ですが、そこからさらに成長するためには挑戦し続ける強い意志が必要になります。

また野村総合研究所は時代の流れを読んでその先端を目指し、未来を創造していく企業です。時代の変化に取り残されることなく、常に新しいものに目を向けること。そして自らも積極的に探究して時代を切り開いていくことが必要になります。

そのためには新たな時代の予感を感じる好奇心が旺盛である必要があります。新しいものに対して恐れずに向かっていける勇気もまた同時に必要であると言えます。

 

そして最も面白い点が少々の適性です。仕事は最初から完璧に出来る人はいません。誰でも最初は失敗し、戸惑うところから始まります。経験を積んで立派に成長していくものです。しかし誰もが大成するとは限りません。そこにはやはり仕事に対する適性が必要になります。

 

誰でもそれなりにならどんな仕事もできます。しかし野村総合研究所で求められいるのはプロフェッショナルです。最終的には大成できる人材。つまり仕事に対して少々の適性が必需になります。

ESで通りやすい内容

野村総合研究所の2018年卒のESの質問はこのキャリアフィールド(今回は経営コンサルタント)で実現したいこと、実現する場として当社を志望する理由。大学入学後に「乗り越えた困難」「挑戦し成し遂げたこと」「最も力を入れた研究・ゼミ」から一つを具体的に説明。また難しかった点や創意工夫をした点について詳しく。あなたが知っている企業を1つ選びその企業が直面している問題について1点挙げる。またその問題の原因と取るべき解決策についてなどです。

 

志望動機については野村総合研究所の志望動機とその職種に対する志望動機も書かなくてはなりません。そもそもなぜその職種を選んだのか。そしてその中でなぜ野村総合研究所なのかをそれぞれこの職種なければならない。この企業ではならない理由を挙げて書きましょう。

 

大学入学後については乗り越えた困難か挑戦し成し遂げたことについて書くのがお勧めです。研究・ゼミの内容でも構いませんが、それらを選ぶのであれば野村総合研究所の事業。または応募する職種と密接な内容でなければなりません。そうでないのなら前の2つのどちらかで書く方が無難です。

 

他企業についての問題点では視野を広くして社会を見ることが出来ているか。他分野にも興味を持つことが出来ているか。そもそもビジネスシーンについてある程度の理解があるかということが見られています。

 

問題点を挙げる企業については分かりやすく有名なものでも構いません。どの点に問題があるのか。それはなぜ問題なのかという理由を挙げて説得力を挙げましょう。

 

解決策についてもこの方法を取ればこのような効果が得られる。よって問題は解決するというように端的かつ論理的に述べることを心がけましょう。

選考情報(面接の詳細)

 

2018年卒の野村総合研究所の選考は6月よりも前倒しで行われています。選考フローはES、WEBテスト、面接となっています。また面接と同日にGDが行われました。WEBテストはテストセンターのSPIです。

 

GDでは架空のメーカー企業について今後どのような戦略を練ればいいかというものです。お題はそれぞれ違いますが、キャリアフィールドに合ったお題が出されます。

 

1次は学生3人面接官3人です。基本的にはESの深掘りで質問が進みます。

 

2次は学生1人面接官2人です。志望動機やなぜコンサルかということについて。そしてどのような業界を担当したいかなどが聞かれます。キャリア形成について深掘りされていきますので準備しておきましょう。

 

最終では学生1人面接官3人です。志望動機についての深掘りがメインになります。またコンサルタントとしてのキャリア形成についても深掘りがされます。

結果の連絡については4~5日程度です。それほど早くもありませんが、特別遅いわけでもありません。

最後に選考のポイント

野村総合研究所は日本でも有数の大企業です。様々な分野へ事業展開をしていることが特徴です。また国内ではなく海外にも積極的な事業展開をしています。現在ではアジアを中心に全世界に活躍の幅を広げています。

求められている資質は挑戦する姿勢と旺盛な好奇心。そして少々の適性です。面接では特に適性についての深掘りが多くなっています。

どのようなキャリアを築きたいか。どのような仕事がしたいか。その上でなぜ野村総合研究所なのかをしっかりと考えておきましょう。一つ一つを論理的に示し、適性が認められれば内定を獲得することが出来るでしょう。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-コンサル

Copyright© 就活の名人 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.