就活コラム

就活でバイト経験は役立つのか、ぶっちゃけどうか考えてみた

投稿日:

 

就活で必ず聞かれる質問として「学生時代は何をしていましたか?」というものがあります。留学をした、サークルをやっていたなど他の学生が充実した学生生活を語っているなか、学生生活で頑張ったことなんて特にないと焦ります。

しいて言えばバイトをしてたくさん稼いだということしかないと不安にもなってしまいますね。

バイトは悪いことではありませんし、お金を稼ぐということは大切なことです。しかしその経験が就活で使えるのかが問題です。今回は就活でのバイト経験についてお話していきます。

ちなみに僕は就活生時代よくUnistyleを読みながら戦略を練っていたのでもしも参考になれば。結局、内定者たちのアドバイスを見て真似するのが一番突破確率が上がります。

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。

 就活でバイト経験は必要?

そもそも就活でバイト経験は大事なのでしょうか。学生のうちから働くことを通して社会を知ることは大事なことですが、バイトと社員は責任感などがやっぱり違います。

バイトをたくさんしたからといって立派に働いた気になっているとまだまだ学生気分が抜けていないなと思われるかもしれません。しかし就活においてバイト経験は大事なものです。

責任感の違いこそあれ、働いてお金をもらうということには変わりありません。

働くということ、お金をもらうことの大変さを知るという意味ではバイトも立派な経験になります。

就活でバイト経験を面接やESで使える?

面接やESでもバイト経験は使えます。というのも就活では何をしたのかということよりも、経験したことから何を学んだのかということ。

そしてあなたがどんな人間なのかということに重きがおかれるからです。

 

バイトで培った能力や経験は就活でも立派な武器になります。ただそのバイト先でしか再現できない特技や技術は面接やESでは使うことができません。企業で働くことになってからも再現できるものに限り、就活で使うようにしましょう。

アピールすべきなのはバイトでどんな働きをしたかではなく、バイトを通じて自分はどう成長できたのかということです。面接やESは自分という人間を知ってもらう場であるということを覚えておきましょう。

バイトをしていないと就活ではマイナス評価だと思い

バイトをしていないからといって就活でマイナス評価になることはありません。その分他の何かに打ち込んだことについて話せばいいのです。

バイトをして労働や社会について知っておくのも大切ですが、それは会社に入ってからでも充分間に合います。なので学生のうちしかできないことに取り組んでいたのならバイトをしてなくても問題ありません。面接やESでは学生の本業は勉強なので、熱心に勉強に取り組んでいた、部活動やサークル活動で忙しかったということを伝えるといいでしょう。

それらに取り組む熱意の強さや、得難い経験をし、成長することができたということが大切です。上手く相手に伝われば、バイト経験の有無など関係なしにきちんと評価してもらえるでしょう。

 就活で評価の高いバイト

基本的に就活ではバイト自体ではなく、バイトによって何を得たのかを評価しますが、中にはバイト自体が高評価なものも存在します。

就職しようと思った企業でのバイトは就活でも役に立ちます。バイトを通じて業務や内情もある程度知っているということもあり即戦力として期待することができます。すでに人脈も出来上がっていれば高評価を得やすいということもあります。入りたい企業が決まっていて、そこがバイトを募集しているならぜひそこで働いておくといいでしょう。

もしその企業がバイトを募集していないのなら同業界の他社でバイトをしておくというのも効果的です。バイトでの技術が評価される場合は、その技術が企業でも活かせるということが前提になります。面接時にどんなことができるのかということをアピールするのもいいでしょう。

他に有効なバイトとしては接客業が考えられます。接客業の場合コミュニケーション能力を必要としますし、コミュニケーション能力はどんな仕事をするにあたっても必要な能力です。人当たりがよければそれだけで好印象ですので、人と接することが好きな人は接客業のバイトがオススメです。

また人付き合いが苦手という人でも、接客業でたくさんの人と接するうちに苦手が克服できるという場合もあります。勇気を持って積極的に挑戦してみるといいでしょう。

 就活とバイトに関するまとめ

バイトの良さは好きなときに好きな時間で働くことができるということです。責任感が少ないというイメージからか就活ではバイト経験は役に立たないと思われています。しかしそんなことはありません。働いてお金をもらうというルールを身をもって知っておくことは大切なことです。またお金のことだけでなく、バイトでは様々な経験をすることができます。

 

バイト自体が高評価というものもありますが、基本的に大事なのは何のバイトを選ぶかではありません。そのバイトを通じて何を得たのか。どう成長することができたのかが大事なのです。

 

就活とは自分という人間を企業に売り出していく場です。企業に対して自分の魅力をアピールしてほしいと思わせることが大事なのです。ただこんなに素晴らしいですよと言うだけでは企業は信じません。人柄や能力に対しても信憑性が必要です。

 

そのために用いられるのが学生時代の経験です。極端に言えばバイト経験の有無は関係ありません。自分のアピールにマッチするように正しく裏付けがされていればいいのです。

 

就活でもバイト経験を使うことはできます。大切なのはそれをどのように伝えるかということです。伝え方次第ではどのような経験でもプラスに働きますので、覚えておきましょう。

あと付け足しですが、企業選考の内容は内定者が述べている内容をよく学んだ方が良いので、Unistyleなどに登録して熟読するようにしてください。

就活の大成功を祈っていますm(_ _)m

選考内容の充実度は一番。内定者の詳細なアドバイスと戦略が見れる。他の就活生は見てるのでこれを見ないリスクがでかすぎる。
注目就活は内定者からの情報が一番正確で役立つ→Unistyleで内定者のアドバイスを読む34,5463人が参考にしました。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。 2017年は売り手市場でした。 2018年もそうなることが予想されてます。 なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、 ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-就活コラム

Copyright© SPIの高得点目安と対策方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.