面接

就活の面接は緊張して当たり前。緊張しない事ばかりを考えすぎない

投稿日:

 

就活で避けて通れない関門の一つが面接です。いざ面接の場に行き、企業の人を前にするとその独特な雰囲気に緊張してしまうという人が多いようです。何度面接の練習をしても本番ではどうしても緊張してしまいますよね。今回は面接での緊張についての悩みを解決していきます。

【Start就活

  • 最強のSPI対策
  • 優良就活サイトの管理
  • 企業の選考情報の見逃しがなくなる

就活を成功させたい就活生に絶対にオススメの就活サイトです。

 なぜ就活の面接で緊張してしまうのか

そもそもどうして就活の面接では緊張してしまうのでしょうか。面接ではスーツを着てぴしっとしていますし、普段行くことのない企業に行くという特別な環境自体に混乱してしまうのかもしれません。面接は発言だけでなく、動作などのマナーも見られているので常に誰かに見られて、自分を判断されているというストレスの高い場所ということも緊張する原因だと言えるでしょう。また落とされたらどうしようという不安が緊張にもつながります。受験している企業の志望度が高い場合にはそれだけ力も入りますし、緊張も増すことでしょう。就職は人生の中でも大きな分岐点になるので緊張してしまうのは当然だとも言えます。

 

面接で緊張することは悪いことか

結論からいうと面接で緊張すること自体は悪いことではありません。ただ緊張していても構わないのですが、それでパニックになってしまわないということが大切です。前述したように面接は緊張して当然の場です。もちろん中には全く緊張せず堂々と答えられるという人もいるでしょうが、緊張していないということは必ずしもプラスになるとは限りません。面接の緊張は他人に見られているということや不採用になったらどうしようという心の不安から生まれるものです。

適度な緊張は大事

あまりにも緊張していないというのは場合によっては不採用になっても構わないという気持ちなのではないか=第一志望ではないのだろうかと思われる可能性もあります。緊張しすぎるのはよくありませんが、適度に緊張感を持つ必要はありますので、緊張しているからだめだと思わないことです。

 

面接官に緊張していますか?と聞かれたらどう答えれば良い?

面接を進めていると面接官が就活生の緊張を読み取り、緊張していますか?という質問をする場合があります。この質問には素直に緊張していると答えましょう。面接官は相手の緊張をほぐしてあげようと思いこの質問をする場合が多いです。

なので、緊張していると答えれば、話題を変えて世間話などが始まる場合もあります。面接はその人がどんな人なのかということを見る場です。あまりにも緊張しすぎているとその人の本当の姿が見えないので、話しやすい環境を作ることでその人の本音を少しでも引き出そうとしています。企業の人は新卒の就活生の場合は緊張していて当然というぐらいに思っています。

緊張してますは好印象も

むしろ緊張していると素直に答えることで新卒らしい初々しい印象を与えることができ、好印象につながる可能性だってあります。

緊張していますかと聞かれれば、正直に緊張していると答えましょう。また緊張していて上手く答えられないときは自分から緊張しているということを伝えてもいいでしょう。面接官は優しく受け入れてくれるでしょうし、自分から緊張しているということを声に出してみると不思議と落ち着きます。

 

緊張しない方法はありますか?

全く緊張しなくなるという方法は残念ながらありません。

しかし緊張と上手く付き合う方法はたくさんあります。面接では失敗をすると緊張が余計に増してしまいます。それは失敗したことに対してあれこれ深く考えすぎてしまうからです。緊張を和らげるにはまず考えすぎないことです。

極端に言えば失敗しても構わないぐらいの気持ちで面接に向かうことです。もちろんそれは投げやりに考えるのではなくて、失敗しても後で挽回できるというようにポジティブに考えるということです。面接で失敗すればしっかりと反省し、次に同じ失敗をしないようにする必要がありますが、それは面接が終わった後で構いません。

面接中はとにかく目の前の質問に集中し、素早く気持ちを切り替えることが大切です。

失敗にくよくよしない

そのためには一つの失敗にくよくよしない前向きな気持ちが必要なのです。企業の人は就活生に対して完璧を求めていません。むしろ失敗してもそれを取り返すために前向きに気持ちを切り替えられる学生のほうが印象はよいでしょう。失敗できるというは学生の特権でもあります。失敗を恐れないことが面接で緊張しないための近道です。後はとにかく場数を踏むことです。

いくら練習をしていても本番の空気は全く違います。何度も面接を受けてその空気に慣れておきましょう。面接の場に慣れておけば緊張感も少しは和らぐでしょう。

 

まとめ

緊張することは悪いことではありません。いい緊張感を保つことができれば自分の力を100%引き出すこともできます。悪いのは緊張することではなく、緊張を恐れることです。

就活において面接は最もストレスのかかる場で、緊張して当たり前の場です。どれだけ対策をしていたとしても少しは必ず緊張してしまうものです。なので緊張しないようにするのではなく、緊張してもいいと思い、緊張と上手く付き合っていくことが大切です。緊張している就活生を見ても面接官は初々しいなと思うぐらいで緊張していることが悪い評価につながるわけではありません。

緊張するということはそれだけ真剣に取り組んでいる証でもあるので、自分は集中できているのだと客観的に自分を褒めることができればさらに余裕も生まれてくるかもしれません。緊張と上手く付き合うには前向きであることです。まずはそれを意識することから始めてみましょう。

【Start就活

  • 最強のSPI対策
  • 優良就活サイトの管理
  • 企業の選考情報の見逃しがなくなる

就活を成功させたい就活生に絶対にオススメの就活サイトです。

就活生によく読まれている記事

1

  今年も就活の季節がやってきました。2017年は売り手市場でした。2018年もそうなることが予想されてます。なので、相変わらず就活生にとっては有難い年になっています。19卒のみんな、おめで ...

2

  テストセンターの答えを受験者に教えないシステムは、誰にメリットがあるの?っていう話なんだけど、そのせいで悩む就活生がたくさんいるので考察してみよう。 つまり、どのようにSPI(テストセン ...

3

19卒の方、こんにちは。この記事では「とりあえず就活やるか」と思ってくれた大学3年生や院生に向けて来る2018年の流れを書いてみようと思います。そんな記事は割と巷にありふれているんですが、僕なりの辛辣 ...

4

就活生の皆さん、こんにちは。就活を始めるにあたってはまず「就活サイトに登録しよう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。マイナビやリクナビの定番を登録する人は多いと思いますが、それ以外にも数多く ...

-面接

Copyright© 就活の名人 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.